ひらりひらひら

aoisora3.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 21日

梅宮大社(京都市右京区)の花菖蒲

平安神宮の花菖蒲も美しいと思いましたが、自宅近くの梅宮大社の

花菖蒲もまた美しい表情を見せてくれました。

観光客が少ないので一つの花に長い時間向き合うことができました。

c0184716_00585120.jpg

気が済むまでカメラを向けることができました。


c0184716_00591549.jpg

中望遠のマクロレンズが効果を発揮してくれました。


c0184716_01074334.jpg
c0184716_01050867.jpg
c0184716_01003909.jpg

品種はわからないのですが、白い花菖蒲は清らかで美しいと思いました。


c0184716_01012615.jpg



c0184716_00594677.jpg
水面の藍さも空の色を映していました。
c0184716_01021231.jpg

咲耶池の花菖蒲です。



[PR]

# by youko_terada3 | 2018-06-21 01:33 | Comments(0)
2018年 06月 16日

平安神宮の花菖蒲

今日は京都生協の通常総代会が岡崎の「みやこメッセ」で開催されたものですから、

終了後に平安神宮の花菖蒲が見頃を迎えているだろうと思いカメラ持参で行ってみました。


c0184716_03423238.jpg

修学旅行生や中国の観光客などが多く来ておりましたが神苑の中までは入っておりませんでした。


c0184716_03431417.jpg

標準レンズを装備していきましたので撮りたい感じが無理な所もありましたが何とかいけました。


c0184716_03444688.jpg

丁度見頃で美しく咲いておりました。


c0184716_03452979.jpg

池面には青空と白い雲が映りこんでおりました


c0184716_03461297.jpg

花菖蒲の品種はわからないまま撮りました。



c0184716_03482190.jpg

優雅な花の表情です。


c0184716_03510335.jpg


c0184716_03521023.jpg

c0184716_03532271.jpg

c0184716_03542977.jpg

男子の修学旅行生が数名飛び石を渡っていきました。


c0184716_04152456.jpg

池の端近くに紫陽花が一輪、忘れられたように咲いておりました。


c0184716_04171683.jpg

竹箒が残されたままになっておりました。


c0184716_04175837.jpg


[PR]

# by youko_terada3 | 2018-06-16 04:51 | Comments(1)
2018年 06月 06日

第26回 青いトマト展

京田辺市在住の村田輝美さんのグループ展にお邪魔いたしました。

今回は20名の皆さんが56点ずつの参加出品のようでした。

年毎に成果が上昇しておられるようにお見受けいたしました。

100号の大作に挑戦しておられる方、ご高齢ながら意欲満々の方。

皆さん頑張って個性的な作品を制作されておりました。

c0184716_17430746.jpg

62日の土曜日に伺いました。初夏の風景が看板に映りこんでしまいました。


c0184716_17435959.jpg

タイトルは「古刹」東寺の五重塔だとお聞きしました。


c0184716_17455574.jpg

タイトルは「石灰工場」カラーハーモニー、美しいバランスを感じました。


c0184716_17442891.jpg

初冬の河原風景がいいなぁと思いました。



c0184716_17465072.jpg

c0184716_17481450.jpg

c0184716_17494611.jpg

c0184716_17503145.jpg


c0184716_17515607.jpg

c0184716_17525028.jpg

ここからが友人の村田さんの作品です。


c0184716_18100148.jpg

タイトルは「フルーツポンチ」

c0184716_18120920.jpg
タイトルは「手」

長年リュウマチと戦ってきた彼女の手は強くて逞しい。

この絵も車の運転も子育てもすべて成し遂げて来たのです。


c0184716_18124343.jpg

           タイトルは「ボトル」

c0184716_18154417.jpg


[PR]

# by youko_terada3 | 2018-06-06 19:03 | Comments(0)
2018年 05月 23日

平安絵巻が静々と・・・

新緑色の加茂街道、目の前を華麗な絵巻物が通過していく。

斎王が乗った輿がゆるゆると近づいてくる。

馬上の女官、いろいろな役目の女官たちの行列。

時を越えて今に伝わる文化遺産。

今年もまた目にすることができる喜びを味わいました。

c0184716_02102484.jpg
c0184716_02171690.jpg
c0184716_02181933.jpg
c0184716_02191571.jpg
c0184716_02204863.jpg
c0184716_02214456.jpg
c0184716_02231063.jpg
c0184716_02240901.jpg

c0184716_02253571.jpg
c0184716_02265868.jpg


[PR]

# by youko_terada3 | 2018-05-23 02:35 | Comments(2)
2018年 05月 22日

今年もまた 京都・葵祭

葵祭は毎年515日に行われております。

平安時代から脈々と受け継がれている祭礼行事の一つです。

私事で恐縮ですが京都生協の西ブロック通常総代会が

午前中に開催されました。

午後からの葵祭見物も楽しみの一つです。

去年の515日は下鴨神社南の賀茂川と高野川の合流地点で

トンビにいきなりバーガーをさらわれたことを思い出しました。

今回は京都駅南のテルサ会場で昼食を戴いて出発いたしました。

地下鉄北大路駅まで行って、北大路橋西詰まで歩きました。

加茂街道を北に向かいました。


c0184716_04025939.jpg

青空と加茂川の両サイドの緑が溶け合って爽やかな祭りの背景です。

丁度行列の先頭が通りかかったところでした。

ぎっしり詰まった見物客の中に滑り込むことができました。


c0184716_04042445.jpg

被り物や衣服には生の葵の葉が付けられております。

c0184716_04052086.jpg

c0184716_04072863.jpg

御所を出発して下鴨神社を経て上賀茂神社に向かう行列は静々と加茂街道を進みます。


c0184716_04085544.jpg

牛車の轍のきしむ音が近づいてきます。



c0184716_04102064.jpg

藤の花房で飾られた輿の登場です。


c0184716_04115314.jpg

東側の山肌には大文字が浮かび上がっています。


c0184716_02465739.jpg



[PR]

# by youko_terada3 | 2018-05-22 04:56 | Comments(0)