人気ブログランキング |

ひらりひらひら

aoisora3.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 31日

和歌山県・白崎海岸

連休明けの322.23日に和歌山県に行って来ました。

友人Oさんと二人で「青春18切符」というものを初めて買いましてゆっくりと旅をしてきました。

大阪駅から紀州路快速で和歌山まで行き、紀勢線に乗り換えて御坊駅で下車しました。

カーブスの友人Iさんが出迎えて下さいました。

彼女の旦那様はこちらでログハウスを建てられて
野菜作りと趣味の家具づくりをしておられるという羨ましい生活をしておられます。
奥様は京都住まいでお互いに自由を楽しんでおられるようです。

昼食を取るために景色の良いところに案内をしてくださるということで
彼女の運転する車で白崎海岸まで行きました。


c0184716_04573803.jpg
海岸は「日本のエーゲ海」といわれるそうで美しいですね!!

c0184716_04581255.jpg
石灰岩を含む岩肌は白く、海水は透明度が高く好天に恵まれて青空も雲が少ない。
リゾート日和です。


c0184716_04585134.jpg
c0184716_04594442.jpg

c0184716_05003032.jpg
c0184716_05010625.jpg
c0184716_05014371.jpg

白崎から御坊の方に向かって走りました。

小高い丘の上に閉鎖された遊園地跡があり海を眺める場所がありました。

この近くには通称「アメリカ村?」があるそうです。

海難事故で難破した外国船の乗組員が救助されてこの地に

住み着いたことが切っ掛けで土地の方でも英語を多少話せるとか聞いたことがあります。

石段を上る亀たち

ユーモラスな姿に思わずシャッターを切りました。



c0184716_05500977.jpg

開花し始めた桜


c0184716_05481218.jpg
c0184716_05491804.jpg
c0184716_05505762.jpg





by youko_terada3 | 2016-03-31 06:01 | Comments(2)
2016年 03月 13日

夕闇迫る水ヶ浜



水ヶ浜カフェです。地名は近江八幡市・長命寺町


山中のドライブウエイを登り詰めたところにお洒落なカフェがありました。


琵琶湖を見下ろす様な崖の上に建っているのです。

道路を挟んで山の中腹にはペンションがいくつか建っています。


c0184716_01525723.jpg


c0184716_01552904.jpg


日も暮れかけておりましたので琵琶湖側のベランダには行きませんでしたが前庭が素敵でした。
マスターが鋸で丸太を切っていました。

槇が沢山積んでありました。出来たオガクズは植木鉢に良いのだそうです。
ふんわりカントリー調の暖かいカフェです。


c0184716_01580686.jpg

c0184716_01592886.jpg

店内は暖炉が赤々と燃えてドライブの疲れも和らぎました。


c0184716_02042924.jpg


c0184716_02001550.jpg

温かいコーヒーとシフォンケーキを頂きました。

c0184716_02332195.jpg


店の外はすっかり夕闇が迫っておりました。


c0184716_02060076.jpg



by youko_terada3 | 2016-03-13 02:51 | Comments(0)
2016年 03月 13日

感動の夕景です。

特に美しいと思ったのは米原市⁻世継という地名のところで見た夕景です。
近くには天野川が流れています。

c0184716_00303237.jpg

c0184716_00320929.jpg

夕日を背にして形の良い木が一本、水際に立っているのですが
この日は夕方になって風が吹いて波が少し荒くなっておりました。


c0184716_00404275.jpg
c0184716_00422618.jpg

繰り返し寄せてくる波の音や白い波頭、木影の美しさ、
鈍い夕日の色など素晴らしいと思いました。

I夫妻に感謝致しました。


c0184716_00463778.jpg

c0184716_00580148.jpg

c0184716_00493936.jpg

そしてもうひとつ美しい夕景の見えるところに案内していただきました。




by youko_terada3 | 2016-03-13 01:09 | Comments(2)
2016年 03月 11日

琵琶湖夕景

余呉湖の帰りは京都から見えていたI夫妻のお車に便乗させて頂きました。

奈良からお見えのNさんもご一緒しました。

余呉から20分ぐらい走ってトンネルを抜けると琵琶湖でした。

湖面の照り返しを眩しく感じながら車から下り立ったところは湖北町今西という地名でした。

アイホンのカメラが地名を記録しているので分かりやすく思いました。

というのもこの日、余呉でデジカメのレンズを何度も交換しているうちに接続がおかしくなり、

後半からアイホンカメラに頼り切りました。

c0184716_01182745.jpg
c0184716_01193430.jpg

多少、心打ちひしがれておりましたが、
湖北の風景を眺めている間に気持ちが明るくなってシャッターを押し続けました。

c0184716_01381398.jpg

通りがかりの人が「白鳥はみんな昼寝をしているよ…」と言っていました。
そこから車で
10分ぐらい走ったところの測湖に白鳥が数十羽

首をかしげてじっとしているのが見えましたがそこには寄らずに先に進みました。

c0184716_01315624.jpg

野鳥センターと言われている所だと思いますがメタセコイヤの並木のある測湖に立ち寄りました。
長浜市・早崎町と表記されました。

c0184716_02071519.jpg

伊吹山の姿も見えました。


野鳥の姿も見えます。


見る方向が違うと青空と白雲が明るく野鳥たちを包んでいました。

c0184716_02192782.jpg

枯れた蓮が面白い線を見せてくれました。


c0184716_02171609.jpg
c0184716_02393013.jpg










by youko_terada3 | 2016-03-11 02:53 | Comments(2)
2016年 03月 05日

朽ち果てる姿を撮る 

無言のもの達の美学に惹かれて撮る人がいる。

優しさなのかリアリストなのか私には良く分からないけど

共に感じて写してみました。

c0184716_06422541.jpg

野原に転がっている錆びたバーベキューコンロ


c0184716_06463159.jpg

赤さびた色と影のコントラストが面白いですね!


c0184716_06445666.jpg

プラスチック製の波板に映る桟の黒い影と蔦の影はピアノの鍵盤のようで面白いですね!


c0184716_06334267.jpg

ベニヤ板の表面がが裂けてひらひらしているのもポエムかもしれないね~!


c0184716_06532308.jpg

割れた窓ガラスの切り張りもいいですね(^^

c0184716_15291270.jpg

c0184716_06551437.jpg


c0184716_06592496.jpg

c0184716_07012856.jpg



by youko_terada3 | 2016-03-05 07:18 | Comments(2)
2016年 03月 03日

ワカサギ釣り

余呉湖の春の風物詩はワカサギ釣りです。

湖面はキラ☆キラと日の光を照り返して美しいですね!!


桟橋には釣り人たちが影絵のように見えます。

c0184716_03505327.jpg

c0184716_03495083.jpg
c0184716_03481470.jpg
波間の煌きはダイヤモンドの輝きのようですね。

c0184716_16561906.jpg

二本の柳の幹の間から見える湖面の景色はグラスの中の美味しい飲物のように見えてきます。


c0184716_03545969.jpg

c0184716_03573783.jpg

炭酸ソーダーかな…


c0184716_03594289.jpg
c0184716_04012238.jpg

生け簀のようなものが仕掛けられています。


c0184716_04131039.jpg
c0184716_04144497.jpg



by youko_terada3 | 2016-03-03 04:21 | Comments(2)
2016年 03月 02日

余呉の春

二月末にフォト友の方たちと余呉湖の撮影に行きました。

京都駅952発の前原方面、近江塩津行きに乗り余呉928

名残雪でも見られたら幸いと思いましたが、何と美しい青空が迎えてくれました。

駅舎を出ると可愛らしい雪だるまの街灯が目に入りました。

c0184716_01553578.jpg
c0184716_01544409.jpg

余呉湖までは15分ぐらい歩くのですが、
途中の田んぼに霜や氷が残っていてカメラを向けて楽しみました。


c0184716_01592257.jpg
c0184716_02023117.jpg
c0184716_02165601.jpg

湖畔近くに小さな小屋がありました。

風雪にさらされてかなりの痛みが来ています。



c0184716_02042193.jpg
c0184716_02375555.jpg
c0184716_02262160.jpg

c0184716_02245624.jpg
c0184716_02231231.jpg

日陰には名残の雪がわずかに残っておりました。


c0184716_02214457.jpg

柳の枝も京の町柳とは大変な違いがあります。自然環境の影響が大きいようです。


c0184716_02280770.jpg
湖の水量を調節する堰のようです。民家の集落が見えて来ました。
ワカサギ釣りの桟橋や休憩スペースがあります。
お昼はここでワカサギの天ぷらを頂きました。
まだワカサギも小さくてあっさりとした風味で美味しく頂きました。


c0184716_16184670.jpg



by youko_terada3 | 2016-03-02 02:56 | Comments(0)